茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定有形文化財 歴史資料
とくがわみつくにしょかんしゅう

徳川光圀書翰集 7巻(54通)

 本書翰集は、小城藩(おぎはん)3代藩主鍋島元武(なべしまもとたけ)(1662~1713)宛51通、志村金五郎・竹田文左衛門宛各1通の自筆書翰53通と、元武宛の右筆(ゆうひつ)書き1通の計54通からなっています。志村・竹田宛書翰中には、いずれも元武に関する記述が見えますので、当人が受け取ったあと、元武の手許に届けられ、そのまま保管されることになったと考えられます。書翰に年号の記されているものは1通もありませんが、署名および文面の検討から、これらは貞享元年(1684)から藩主を辞した元禄3年(1690)までのものと思われ、藩主在任30年のうちの最後の6年間のものと判断できます。
 いわゆる「生類憐みの令」に批判的な光圀のグループ(千寿会)の立場と行動、光圀の60歳前後の心情や心境など光圀研究にも資する貴重なもので、当時の幕府政治や能・囃子(はやし)の流行する江戸市中の雰囲気をうかがえる点でも有意義です。
 総じて洒脱で飾らない素顔の見える文面が多く、光圀の人間性を知る上でも興味深い史料といえます。日本史上著名な人物の自筆書翰群として、また、他史料には見られない内容を含む点でも貴重な史料です。

 

 

徳川光圀書翰集 7巻(54通)
▲写真 茨城県立図書館提供

 

指定年月日 平成23年11月17日
所在地 水戸市三の丸1丁目5番38号
所有者 茨城県立図書館

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp