茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 無形民俗文化財
はいかばやし

排禍ばやし

 片野の八幡神社に奉納されるお囃子です。
 獅子舞、ひょっとこ踊り、おかめ踊り、きつね踊りの4部から構成されています。
 八幡神社は、小田氏治を滅ぼした太田三楽が氏神として建立したと伝えられており、諸々の禍(わざわい)を排して繁栄を願う意味から「排禍ばやし」を奉納したと伝えられています。
 通常片野の「ひょっとこ」とも呼ばれる芸能です。

 

 

片野排禍ばやし

 

指定年月日 昭和37年10月24日
所在地 石岡市片野620
管理者 排禍ばやし保存会

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp