茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 無形民俗文化財
ひがしかなさじんじゃでんがくまい

東金砂神社田楽舞

 田楽は、田の神の祭り、農夫の苦労を慰め豊作を祈願する宗教的儀式から発したもので、東金砂神社の祭礼における神事とされています。
 毎年2月11日に、この神社の薬師堂で行われる嵐除祭(らんじょさい)がそれです。嵐、その他の災害を防除して穀物の成熟、魚目の豊漁を祈る祭りで年占い及び田楽舞の行事を伴います。
 田楽舞は、四方固め、獅子舞、巫女舞、三鬼舞の四段に分けて行われます。
 東金砂神社の田楽では、神や精霊の存在を信じ、神の威力によって反抗する精霊を征服し、鎮圧して天地の災害を防除し、田畑の豊作、浜の豊漁と民人の幸せを保護しようとする素朴な信仰が、神人和楽(しんじんわらく)の祭儀即芸能となって現れていると察せられます。

 

地図

 

東金砂神社田楽舞

 

指定年月日 昭和35年3月28日
所在地 常陸太田市天下野町9740
管理者 東金砂神社

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp