茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 無形民俗文化財
とねじがためうた

利根地固め唄

 利根川は、江戸時代初め、流れを東に大きく変える工事を行いました。それ以後も、補修工事はひんぱんに行われたので、工事に携わる住民の間に多くの作業唄が生まれました。しかし、昭和30(1955)年頃をさかいに工事が機械化する中、作業唄も忘れられていました。利根町では、平成元年(1989)、貴重な地固め唄を将来に伝える目的で保存会がつくられ、作業の形も含めて地固め唄を復元しました。現在、大人組と子供組が、三種類の仕事唄(土羽打ち・石だこ打ち・杭打ち)と二種類の祝い唄(結婚式の唄、仲間入りの唄)を伝承しています。保存会の協力を得て、文間小学校では、活発に継承活動が行われています。

 

 

利根地固め唄
利根地固め唄

 

指定年月日 平成14年12月25日
所在地 北相馬郡利根町中谷967
管理者 利根地固め唄保存会
発生年代 近世

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp