茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 無形民俗文化財
みとだいかぐら

水戸大神楽

 神楽の語源は神座の約音と解されており、神座を設けて神々と勧請(かんじょう)し、その神前で鎮魂と清め祓いなどを行ったのが古い形です。
 水戸大神楽は宝暦2年(1752)、吉田台町の栗林主計が水戸東照宮祭礼に神楽獅子として供奉(ぐぶ)し(『新編常陸国誌』)、天明5年(1785)、その株を譲り受けた足黒村(東茨城郡茨城町)の宮内求馬が御用神楽司となりました。(「太田村御用留」)
 その後、16代鴨川嘉之助から17代柳貴家正楽へと受け継がれてきました。
 大神楽は獅子舞によって悪霊を祓い、合わせて曲芸を演じる芸能です。
 現在は柳貴家正楽社中(17代・18代)と、同社中から分かれた柳貴家勝蔵社中とが、伝統芸能を継承し、その発展に努めています。

 

 

水戸大神楽 柳貴家正楽社中
指定年月日 平成3年1月25日
所在地 水戸市元山町1-3-42
管理者 柳貴家正楽社中

 

水戸大神楽 柳貴家勝蔵社中
指定年月日 平成20年11月17日
所在地 水戸市常磐町2-13-23
管理者 柳貴家勝蔵社中

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp