茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 無形民俗文化財
いわとかぐら

磐戸神楽

 神楽は古来神事の舞楽として奏されたもので、社家神楽(神宮などで奉納)・里神楽(民間)の名で総称されています。
 当地の神楽は里神楽に属し、系統的には出雲神楽から武州鷲宮神楽(関東神楽の総元)を経て受け継いでいます。
 宝暦10年(1760)時の名主斉藤所左右衛門が中心となりこの地に神楽を迎え、毎年旧3月4日(現在は4月4日)に鷲神社神楽殿において神官が舞手となり、五穀豊穣、家内安全のために奉納しています。
 別名「太々神楽」とも呼ばれるこの神楽は、元来36座あった鷲宮神楽を12座に再編し、衣装・面を付け、太鼓・笛などを使って約4時間にわたり行われます。
 近年では、昭和50年(1975)に保存会が結成され、保存・継承に努めています。

 

 

磐戸神楽
磐戸神楽
磐戸神楽

 

指定年月日 平成元年1月25日
所在地 古河市大和田1273
管理者 大和田磐戸神楽保存会

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp