茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 無形民俗文化財
 たみやばやし

田宮ばやし

 田宮ばやしは田宮梶の宮神社への信仰により奉納された囃子です。
 初めは、神社中心の行事だったので単調だったリズムも、楽器の発達に伴って徐々に複雑になりました。
 田宮ばやしは元の村の名をとって呼ばれたものです。楽器は大太鼓、小太鼓、大鼓、小鼓、横笛などを使い、演目は三切り、大杉ばやし、かっころばし、やぐら車、かどつけ、かえり、ほうそうばやしなどです。
 江戸時代には平和な世が続き文化の交流があり、中期以降になるとお祭りやお囃子などにまで影響がみえるようになります。
 これらの唄や踊りも大正、昭和となっては豊作踊りや盆踊りと同様に娯楽的な存在として行われるようになりました。

 

 

田宮ばやし

 

指定年月日 昭和52年5月2日
所在地 土浦市田宮
管理者 田宮ばやし保存会

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp