茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 無形民俗文化財
うわどのししまい

上戸の獅子舞

 獅子舞は、毎年11月23日に行われる国神神社の例祭に、五穀豊穣を祈る神事として奉納されます。
 この獅子頭は応永2年(1395)に氏子が三体の獅子を寄進し、社宝になったと伝えられ、元禄3年(1690)水戸藩主徳川光圀が、旧暦11月の卯の日に奉納することを定めたといわれていますが、後に現在のように改められました。
 獅子舞は、激しい舞の雄獅子と、ゆったりと舞う雌獅子、その中を取り持つ中獅子の三態に特色があります。
舞楽は笛・大小太鼓の調子に併せた舞手による天狗・おかめ・ひょっとこなどから構成されています。

 

地図

 

上戸の獅子舞

 

指定年月日 昭和44年3月28日
所在地 潮来市上戸1551
管理者 国神神社

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp