茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 無形民俗文化財
のぶかたすもう

延方相撲

 江戸時代初期潮来市徳島一帯では漁場をめぐる紛争や、また農耕地の利権論争、耕作権の問題など紛争が絶えませんでしたが、寛文12年(1672)7月27日この紛争に対して江戸幕府より御評定があり「この地は水戸南領に属す」という裁決がありました。
 村人はこれを喜びあい寛文13年(1673)相撲祭を延方村鎮守鹿島吉田神社に奉納して感謝したことにはじまり、江戸勧進相撲の格式をもって今日に伝えられています。
 この相撲祭は、例祭の7月最終日曜日までの約1か月前から種々の行事が始められ、当番地区において6月の見届け行事に始まり、神前会議、当番穀屋開き、衣装揃え、地取り祭りまで地区総がかりで行われます。
 例祭の当日、早朝より当番地区から神社まで宮行司、警護、世話人、総代、花相撲と古式豊かな行列によってくり出されます。
 相撲は神社境内に築かれた土俵で「二番勝負」「一番勝負」「新手二人がかり」「小三番」「大三番」など古式の取り組み48番が取り納められます。

 

地図

 

延方相撲

 

指定年月日 昭和39年7月31日
所在地 潮来市延方乙1885
管理者 鹿島吉田神社

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp