茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 名勝
ふくろだのたき

袋田瀧

 袋田瀧は、一般に「袋田の滝」と記名され呼称される。
 また、岩壁を四段に落下するところから、あるいは弘法大師四度護摩修行の伝説から、別名「四度の滝」とも呼ばれる。
 滝は、月居山(404m)の中腹にあり、滝川上流の四段の岩壁にかかるもので、落差約120m、幅最大約70m余。
 この滝の上流には、段差が約15m程の生瀬滝もある。
 久慈川支流の滝川は、生瀬盆地を水源とし、上流で月居山の集塊岩を刻み込んで峡谷と滝を形成する。
 安山岩質火山角礫岩のこの地には、また特有の植物も生育しており、その種類も豊富である。
 四季折々に変化する滝には、歌僧西行の和歌をはじめ多くの文人墨客の詩歌も伝えられる。
 また、月居山には伝説の残る天狗岩や月居城跡、水戸藩主徳川斉昭の歌碑など名所旧跡も多い。
 袋田の滝は、俗に日本三大瀑布の一つに数えられる景勝の地であり、奥久慈県立自然公園の中心的景観を成している。

 

地図

 

袋田瀧

 

指定年月日 昭和15年3月27日
所在地 久慈郡大子町袋田
管理者 大子町

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp