茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 名勝
ひろうら

広浦

 天保4年(1833)、水戸藩第9代藩主徳川斉昭は、領内景勝の地8カ所を選んで水戸八景を選定し、自ら揮毫(きごう)し、それぞれに碑を建てました。
 下石崎字米津にはその八景の一つ「広浦秋月」の碑があります。
 天保11年(1840)9月13日、斉昭は広浦の明月を観賞するため、側臣藤田東湖、会沢正志斎や彰考館員らとともに船で下石崎を訪れています。
 このときの烈公の和歌に「浪の色も空にかよひてすめる夜の月の光も広浦の月」「広浦の浪にやどして遠方の山のあなたの月を見るかな」があり、藤田東湖に「仰いでも伏してもあかぬ眺めかな水の底迄すめる月影」があります。

 

地図

 

広浦

 

指定年月日 昭和9年11月30日
所在地 東茨城郡茨城町下石崎1651
管理者 茨城町

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp