茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 名勝
あゆみざき

歩崎

 歩崎は、霞ヶ浦の土浦入りと高浜入りとに挟まれた、新治台地の東南端の岬である。
 1950年(昭和25)に茨城百景に選定され、1959年(昭和34)には水郷筑波国定公園の一部に指定された。
 湖岸低地で、穏やかな湖水面は古くは水泳場として知られていた。
 長禅寺の略縁起によれば、鎌倉時代、三叉沖で暴風雨にあった船頭が南無観世音菩薩と唱えたところ、菩薩が篝火を掲げて現れ、水上を歩いて船を引き、山上にたどりついたといい、これにより歩崎の名が付けられたという。
 菩薩は歩崎観音として知られ、古くから安産及び水上の平安を祈願する人々の厚い信仰を集めている。
 岬の展望台から見下ろした天王崎・浮島・馬掛などの湖景は、牛堀から見渡した景観とともに、霞ヶ浦の二大観といわれるほどの景観である。

 

地図

 

歩崎

 

指定年月日 昭和8年10月6日
所在地 かすみがうら市坂字長峰921
管理者 かすみがうら市

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp