茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 考古資料
さんまいづかこふんしゅつどいぶつ

三昧塚古墳出土遺物

 三昧塚古墳は、行方市沖洲(おきす)にあります。沖洲集落の北西方、小美玉市小川に接する地点に近く、沖積低地が霞ヶ浦に接する部分に築造されています。沖洲集落付近に存在する諸古墳は、すべて台地上にあって、沖積低地に占地するのは本古墳のみです。昭和30年(1955)3月、干拓堰堤工事、築堤用土砂採取工事によって、古墳の前方部大半が破壊されたことを契機として、約1か月間にわたる発掘調査が実施されました。
 古墳は、全長85m、後円部径48m、後円部高さ8m、前方部幅40m、前方部高さ6mあって、後円部が前方部よりも2m余高い値を示す前方後円墳です。埋葬主体部は、後円部中央、墳頂下2.7mに存在していました。築造当初の状態を復元すると、墳頂下3m余の深さにあったと推定されます。埋葬主体部の中心は、変質粘板岩の板石9枚からなる組合式箱式石棺です。棺蓋1枚、左右側壁各2枚、前後両小口板各1枚、底石2枚からなります。棺蓋は全長2.3m、幅80cm、厚さ10cmほどで、長辺の左右中央部に各1個の粗雑な加工による縄掛突起(なわかけとっき)をつくり出しています。この石棺蓋の特徴からみると、いわゆる長持形石棺(ながもちがたせっかん)の流れを汲むものと考えられます。石棺の方位は、東を頭にして東西軸となりますが、石棺の北方50cmほどの位置に副葬品埋納用の施設が発見されています。この施設は、遺物の出土状態から判断すると、長方形の木箱に収められていたと推定され、棺外における副葬品収納施設の例として、全国的にみても貴重な資料です。
 墳丘の各所に埴輪の存在が知られていますが、詳細な出土地点についての記録がありません。土砂採取工事によって発見された埴輪群を一括して採集して保管したためでしょう。昭和30年の発掘調査時に判明している埴輪には、円筒埴輪のほかに、人物埴輪、動物埴輪(馬、鹿)があります。埴輪は、後円部とくびれ部には、上段、中段、下段の3段に、また、前方部では、下段と中段の2段に配されていたと報告されています。
 石棺内には、金銅製馬形飾付冠(こんどうせいうまがたかざりつきかんむり)をはじめとして、竹櫛(たけくし)、金銅製垂飾付耳飾り(こんどうせいたれかざりつきみみかざり)、玉類、鏡、青銅製飾金具(かざりかなぐ)、大刀、剣、刀子(とうす)、棒状鉄器、鉄鏃(てつぞく)、挂甲(けいこう)があり、石蓋上(せきがいじょう)に置かれたと思われる戟(ほこ)が、棺外の頭位置から発見されています。なお、発掘調査報告書によれば、棺内には貝製品である貝釧(かいくしろ)と腰部垂飾品の鹿角製品とがあったと記されていますが、腐蝕して現存していません。
 石棺傍の副葬品埋納施設からは、大刀、刀子、鉄鏃、短甲(たんこう)、挂甲、衡角付冑(しょうかくつきかぶと)、鉄斧、砥石(といし)、轡鏡板(くつわかがみいた)、面繋飾金具(おもがいかざりかなぐ)が発見されています。
 今回、考古資料有形文化財として指定の対象とするものは、昭和30年の発掘調査によって石棺内およびそれに隣接する埋納施設から発見された副葬品のうち、茨城県立歴史館が所蔵しているものです。

 

[主要な指定資料]
 金銅製馬形飾付冠(こんどうせいうまがたかざりつきかんむり)、金銅製垂飾付耳飾り(こんどうせいたれかざりつき みみかざり)(1対)、変形四神四獣鏡(へんけいししんしじゅうきょう)(1面・写真)、変形乳文鏡(へんけいにゅうもんきょう)(1面) 鏡板付轡(かがみいたつきくつわ)、面繋飾金具

[三昧塚古墳副葬品の総合的所見]
 三昧塚古墳は、80mを超える前方後円墳で、県内での古墳規模としては大型古墳の部類に属します。立地条件も、霞ヶ浦北岸地域に展開する前半期古墳グループの中核をなす位置を占め、埋葬主体部の構造や副葬品の質量ともに周辺地域の盟主的性格を示しています。
 したがって、三昧塚古墳は、東日本の古墳時代研究の上で、常に年代的な基準資料として引用されています。
 ことに、金銅製馬形飾付冠、銅鏡、武器、武具、馬具などの一括資料は西暦5世紀後半から6世紀初頭段階にかけての、日本列島全体の古墳文化の変容と地域首長層の台頭の実態をあらわしていると評価されています。
 ことに常陸地域では、東日本第二位の規模をもつ石岡市舟塚山古墳(ふなつかやまこふん)の前段階としての歴史的位置と、後に常陸の政治的中枢となる地域を形成する過程を解明する、さまざまな材料を含んでいることは特筆に値します。

 

地図

 

三昧塚古墳出土遺物

 

指定年月日 平成16年1月8日
所在地 水戸市緑町2-1-15
管理者 茨城県立歴史館
制作年代 5世紀後半~6世紀初期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp