茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 考古資料
かいごいせきしゅつどじんめんつきどき

海後遺跡出土人面付土器

 那珂市本米崎(もとこめざき)の標高約30mの台地上に立地する海後遺跡から、昭和40年(1965)、完全な形で耕作中に発見されました。
 人の顔が立体的に表現されており、弥生時代中期の埋葬に用いられたと考えられる壺形土器です。
 茨城県内では、ほかに筑西市女方遺跡(おざかたいせき)、常陸大宮市小野天神前遺跡(おのてんじんまえいせき)、同市泉坂下遺跡からも、人面付き土器が出土しています。

 

地図

 

海後遺跡出土人面付土器

 

指定年月日 平成14年12月25日
所在地 水戸市緑町2-1-15
管理者 茨城県立歴史館
制作年代 弥生時代中期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp