茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 考古資料
どういん

銅印

 この銅印は、常陸大宮市小野遺跡(ひたちおおみやしおのいせき)から出土したものです。「丈永私印」の四文字を二字二行に配し、周囲に輪郭を施しています。印面は縦3.40cm、横3.22cm、高さ3.70cmで鶏頭状の大きな莟鈕(かんちゅう)を付け、4mmほどの鈕孔(ちゅうこう)が見られます。
 小野遺跡は、那珂川と緒川(おがわ)の合流点よりやや下流の標高60mほどの那珂川左岸台地上に位置しており、奈良・平安時代の遺物が多く出土しています。また、丈部里(はせつかべのさと)と箆書(へらがき)された文字瓦の出土も知られています。
 「丈永私印」は、この地に居住した丈部(はせつかべ)の私印であったと思われます。「永」はこの私印を用いた人物の名の初字で、この地方の有力な豪族で、郡司層(ぐんじそう)に結びつく人物であったと思われます。

 

地図

 

銅 印

 

指定年月日 平成4年1月24日
所在地 水戸市緑町2-1-15
管理者 茨城県立歴史館
制作時期 平安時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp