茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 工芸品
どうせいきょうづつ

銅製経筒

 この経筒は、貞享4年(1687)神崎寺(かみさきじ)境内から出土したもので、筒身(とうしん)を円筒形につくる平安時代末期に見られる経筒です。
 身高27.5cm、口径18.4cmの銅鋳製(どうちゅうせい)で、筒身の内側口縁(こうえん)近くに長承2年(1133)の次の銘文3行が陽鋳(ようちゅう)されています。
  如法納経
  長承二年二月廿三日
  法主聖□敬白長□
 古くは、末法(まっぽう)の世まで経典を保存することを目的としたもので、この経筒を発見した神崎寺住持(じゅうじ)宥賀は、これを徳川光圀に献上したところ、光圀は、宥賀らに命じて、如法経(にょほうきょう)を書写して経筒に入れ、寺に安置させました。

 

地図

 

銅製経筒

 

指定年月日 昭和37年10月24日
所在地 水戸市天王町8-17
管理者 神崎寺
製作時期 平安時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp