茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 工芸品
おおなぎなた

大薙刀

 薙刀造(ていとうづくり)、丸棟(まるむね)、刃文は互の目(ぐのめ)に小乱れ交じり。帽子(ぼうし)は小丸(こまる)、表裏に薙刀樋(なぎなたひ)と添樋(そえび)があり、棟に切り込みがあります。
 この薙刀は無銘ですが、南北朝時代の備前長船元重(びぜんおさふねもとしげ)の作と伝えられています。地刃(じは)・体配(たいはい)ともに、時代と作者の特色を表しています。
 南北朝時代の薙刀で、現存するものは少なく、棟の切込みは、戦闘の際に受けた傷と思われます。
 長さ65.9cm、反り3.0cm、茎長(なかごちょう)77.7cmです。

 

地図

 

大薙刀

 

指定年月日 昭和37年10月24日
所在地 水戸市宮町
管理者 東照宮
製作時期 南北朝時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp