茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 工芸品
ろくじぞうせきどう

六地蔵石幢

 もとはつくば市個人蔵です。筑波山周辺地方では、中世、六角地蔵石幢が爆発的に流行し、石幢を通称六地蔵型石燈篭と呼んできました。
 宝珠(ほうじゅ)・竿(さお)は、円形で、笠(かさ)・龕部(がんぶ)・中台(ちゅうだい)・基台は、六角形をなしています。宝珠は、大形で、笠は、蕨手(わらびて)が巻き上がっています。龕部は、地蔵が6面に彫られています。中台は、格狭間(こうざま)の下に請花(うけばな)を彫っています。竿は、上下に1本、中心に2本の節があります。基礎には、反花(かえりばな)が彫られています。
 塔高183cmです。

 

地図

 

六地蔵石幢

 

指定年月日 昭和37年10月24日
所在地 水戸市緑町2-1-15
管理者 茨城県立歴史館
製作時期 室町時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp