茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 工芸品
そうけびきくれないいとおどしどうまるぐそく

総毛引紅糸威胴丸具足

 徳川家康が着用し、その11男水戸初代藩主徳川頼房が水戸東照宮(みととうしょうぐう)に奉納した品と伝えられています。
 具足(ぐそく)の鉢裏にある銘から、奈良の甲冑師初代岩井与左衛門の作であることがわかります。
 岩井家は寛文年間(1661~1672)に奈良から江戸へ移り、幕府の筆頭御用甲冑師として名声を博し、春日(かすが)、明珍(みょうちん)両家とともに日本の甲冑師の三大門流を形成するに至ります。
 この具足は、徳川家康着用の所伝にふさわしい堂々とした風格を備え、桃山時代から江戸時代初期に制作された甲冑として貴重です。

 

地図

 

総毛引紅糸威胴丸具足

 

指定年月日 平成10年1月21日
所在地 水戸市宮町2-5-13
管理者 東照宮

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp