茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 工芸品
どうばんばりやまぶしおい

銅板貼山伏笈

 総高81.5cmで、四脚式箱形で正面全面に薄手の銅板を貼る山伏笈です。
 上部の山形には将軍地蔵を中心に左右に、不動明王(ふどうみょうおう)・烏天狗(からすてんぐ)・毘沙門天(びしゃもんてん)・竜樹菩薩(りゅうじゅぼさつ)を毛彫り、袋戸(ふくろど)は日輪(にちりん)の団円(だんえん)を付け、中央に役行者(えんのぎょうじゃ)・右に幡(はた)を持つ天狗・左に幡を持つ童子(どうじ)を表わしています。
 扉は左右に五重塔(ごじゅうのとう)を表し、菩薩(ぼさつ)、飛天(ひてん)を添え、その他、蝶番(ちょうつがい)金具、小脇板(こわきいた)、倹飩板(けんどんばん)、腰羽目(こしばめ)などにも牡丹文(ぼたんもん)や梅、松、藤、鹿、小鳥、蓮池遊禽(れんちゆうきん)、梅に鴬(うぐいす)などの風情を盛っています。
 両側面は脇扉を備えていますが、背面に、「天正十八年十一月十一日」(1590)の年紀を含む墨書銘(ぼくしょめい)があり、この笈の制作年代の下限を知ることができ、基準資料として、貴重な遺品です。

 

地図

 

銅板貼山伏笈

 

指定年月日 昭和50年3月25日
所在地 水戸市六反田町767-2
管理者 六地蔵寺
製作時期 安土桃山時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp