茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 建造物
わたひきけじゅうたくおもや・くら

綿引家住宅主屋・倉

 この住宅は、江戸時代末期の旧吉田村(現水戸市元吉田町)の庄屋の居宅です。
 主屋は、木造平屋、茅葺、右土間、整形6間取りの直屋型で、平面は農家形式ですが、土間が狭く居住部が広くなっています。居住部奥に床の間・書院付の座敷があり、室境や縁柱(えんばしら)通りには透かし彫り欄間が見られます。また、たいこ落としの太い梁材を幾重にも重ねた土間部の小屋組の威容などには、村役人としての役柄を示した家屋構成が見られます。
 別棟の倉庫は、半間毎に柱を建て、貫を化粧で見せ、目板付縦張りの板壁を内側に張ったもので、入り口にはネズミ返しが取り付けられています。

 

 

綿引家住宅主屋・倉主屋

 

綿引家住宅主屋・倉

 

指定年月日 平成3年1月25日
所在地 水戸市元吉田町2192
管理者 個人
製作時期 江戸時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp