茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術・文化 > いばらきの文化財 > いばらきの文化財一覧(県指定) > 県指定文化財 絵画 > カルピスの包み紙のある静物 中村彝筆 油絵 麻布 1923年 1面
県指定文化財 絵画
かるぴすのつつみがみのあるせいぶつ なかむらつねひつ あぶらえ あさぬの

カルピスの包み紙のある静物 中村彝筆 油絵 麻布 1923年 1面

 本県出身の洋画家である中村彝は、はじめレンブラント、ルノアールやセザンヌなどの影響を受け画風を発展させ、大正9年(1920)、「エロシェンコ氏の像」(東京国立近代美術館蔵、昭和52年(1977)重要文化財指定)を制作しています。大正12年(1923)の関東大震災後、結核症状の悪化により死を覚悟し、生命ある時間のなかで新たな画風の確立を意図して、「髑髏(されこうべ)を持てる自画像」(大原美術館蔵)・「カルピスの包み紙のある静物」・「老母の像」(徳川ミュージアム蔵)を制作しました。本作品は、近代日本の洋画史上まれにみる、図像解釈学の興味深い対象です。

 

地図

 

カルピスの包み紙のある静物 中村彝筆 油絵 麻布 1923年 1面

 

指定年月日 平成18年11月16日
所在地 水戸市千波町666-1
管理者 茨城県近代美術館
制作時期 1923年

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp