茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 絵画
けんぽんちゃくしょく じゅうさんぶつず

絹本著色 十三仏図

 縦108.0cm、横53.4cm。
 衆生(しゅじょう)が死後にその罪業を裁かれる場である冥府(めいふ)を主宰するものが十王であり、その本地仏が、不動(ふどう)・釈迦(しゃか)・文殊(もんじゅ)・普賢(ふげん)・地蔵・弥勒(みろく)・薬師・観音・勢至(せいし)・阿弥陀(あみだ)の十仏です。
 それに阿閦(あしゅく)・大日(だいにち)・虚空蔵(こくうぞう)の三仏を加えて一図にしたものが十三仏図です。中陰や年忌の法要に用いられることが多く、本図のように曼荼羅(まんだら)風に配されます。
 諸仏の配置は整然と描かれ、金泥(きんでい)に截金(きりがね)彩色を加えますがその描線にはのびがなく、全体に形式化がみられます。
 制作は、室町時代末期と考えられます。

 

地図

 

絹本著色 十三仏図

 

指定年月日 昭和50年3月25日
所在地 水戸市六反田町767-2
管理者 六地蔵寺
制作時期 室町時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp