茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 絵画
けんぽんちゃくしょく ろくじきょうまんだら

絹本著色 六字経曼荼羅

 縦74.8cm、横37.4cm。
 六字経曼荼羅は、調伏(ちょうぶく)、息災のために修せらせる六字経法の本尊として祠られるものです。
 この修法本尊の曼荼羅は多くの種類があります。本図は大円光の中央に大日金輪を置き、周囲六円には上方から如意輪、十一面、千手、馬頭、聖、准胝(じゅんてい)の六観音です。
 下辺の海中には両側に不動、大威徳(だいいとく)の両明王。中央岩上には除魔のための円鏡を描き、まわりを六竜王がめぐっています。
 淡彩を基調とする彩色法ですが、諸尊描線にはやや稚拙なところがみられます。制作は室町時代後期と考えられます。

 

地図

 

絹本著色 六字経曼荼羅

 

指定年月日 昭和50年3月25日
所在地 水戸市六反田町767-2
管理者 六地蔵寺
制作時期 室町時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp