茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 絵画
けんぽんちゃくしょく りょうかいまんだら

絹本著色 両界曼荼羅

 金剛界縦156.8cm・横131.9cm、胎蔵界縦157cm・横131.9cm。
 両界曼荼羅は、金剛界・胎蔵界からなり、真言密教教理の根本を示すものです。金剛界は表現の世界、胎蔵界は内在の世界を大日(だいにち)如来を中心とする密教諸仏・諸尊によって図示し、密教修法のために祠られます。
 本図は真言寺院で一般に祠られる空海請来(しょうらい)の通途(つうず)のものに属し、諸仏の数もほぼ一致しています。
 賦彩、描線ともに当初の彩色がよく残っていますが、像容表現にはやや崩れがみられ、制作は室町時代前半頃と考えられます。
 なお金剛界の画幅裏には墨書銘があり、六地蔵寺開山の宥覚から代々弟子達に伝えられたことと、度々修理が行われたことを知ることができます。

 

地図

 

絹本著色 両界曼荼羅

 

絹本著色 両界曼荼羅

 

指定年月日 昭和50年3月25日
所在地 水戸市六反田町767-2
管理者 六地蔵寺
制作時期 室町時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp